街のあかり

ぬるいビールと冷めたサービス

セルフィー

13529139_1109356589119529_9100870501058284175_n.jpg

7月に入ってしまいました。
森道市場が5月だったので、ざっくり二ヶ月がたった感じです。
遠い昔のような、つい昨日のような。
やっとこさ、冷静に振り返れるかな、というところで、今年の写真がアップされました。

森道市場HP→PHOTOをクリック

あらためて見て写真で振り返ると、まあ凄まじいフェスだったなと思います。
僕がディレクションしたエリア「音楽酒場シシマイ」はほかのステージに比べるとこじんまりとしてて、しかも屋内。
そうはいっても都内のライブハウスより広くて、常にてんてこ舞いな状況でした。
がっつりタッグを組んだこまどり社も、あちこちで写真に登場してて、どれもみんないい顔してるので、よかったなあ、と思いました。
音楽酒場シシマイのシシマイステージに出演してくださったのは、

5/14
JohnJohnFestival
次松大助
水中、それは苦しい
とんちピクルス
butaji

5/15
DJみそしるとMCごはん
真黒毛ぼっくす
NRQ
中山うり

です。
盛り上がってる感じが伝われば嬉しいです。


思えば、20人位の小さなイベントを主催したのがきっかけで、その後、定食&ミュージックフェスティバル開催につながり、さらにそこから森道市場につながったわけです。
なんでイベントやろうかと思ったというと、単純に自分の演奏してる姿をいろんな人にみてもらいたかったわけです。
普段ホントにお客さんが来ないので、イベントとかこつけたら少しはお客さんが来てくれるかな、というイヤらしい損得勘定からのスタートでした。
でも、イベントそのもののあり方とか、大きなイベントになるにつれ、いろんな方とやり取りするようになり、ああ、これって音楽やってる時と変らないじゃないかと思ったわけです。

自分の姿を人にみてもらいたい。
オレを見てくれ。
オレが生きているその姿を見てくれ。

僕はそれは自分でステージにあがらなければ、表現できないと思い込んでいたんです。
でも、ライブのミュージシャンのブッキングをして、お客さんに楽しんでいただけることと、僕自身がワクワクするようなタイムテーブル組んだり、会場の装飾に頭を悩ませたりして、当日を迎えてお客さんがダンスしているのをみると、

ああ、伝わったな。

と思うのです。

別に自分で歌わなくてもいいし、踊らなくたっていい。
ミュージシャンが歌うことで、自分を表現するのと同じで、イベンターは主催のイベントのあり方で自分を表現できるのだと。

そう思いました。


って言ったって僕はまだまだ歌うつもりですけどね。


さ、告知告知。

7/18(月祝) 新宿御苑 RUTO
7/22(金) 亀有 KIDBOX 「トミヤマカズヤスマキVSサワダヒロアキVS山田雄太郎」
8/11(木祝) 葉山 umi stuzio  詩の朗読と音楽の家フェス「山の日、お山BOYSと海で」

以上が決まってます。

夏、始まりましたからね。

ゴリゴリにビールのみたい。

スポンサーサイト
  1. 2016/07/03(日) 13:37:10|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イエー!って言えー! | ホーム | 100人のシルクスクリーン展>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazuyasmaki.blog122.fc2.com/tb.php/1153-2577b958
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

トミヤマカズヤスマキ

Author:トミヤマカズヤスマキ
トミヤマカズヤスマキです。




TweetsWind

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (991)
雑記 (47)
news (54)
live (44)
MySpace (2)
YouTube (6)
デモトラック (1)
映画 (5)
オレとカウリスマキ (7)
SoundCloud (5)
音源 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード